Ecoworks エコワークス

大同特殊鋼 浜頓別プロジェクト

日本最北のラムサール湿地の「クッチャロ湖」保全・再生を目指して

日本最北のラムサール条約登録湿地、 クッチャロ湖。 そのほとりの大同特殊鋼社有林 『クッチャロ 自然の森だいどう』を舞台とした 環境保全や地域活性化プロジェクト。 クライアント大同特殊鋼と、 地元浜頓別町をつなぎ、 活動の方針策定や実務遂行を担う 環境コンサルティング業務を担当しています。

NPO法人 クッチャロ湖エコワーカーズホームページ

CASE~学生環境サミット~

学生による環境保全&地域活性化イベントの全国キャラバン

上記「浜頓別プロジェクト」から生まれた環境保全・地域活性化プロジェクト。全国の学生たちがラムサール湿地に滞在し、 自然体験や地域住民との触れ合う中で、 現地の課題と埋もれた宝を掘り起こし、 環境保全と地域活性化を両立するプランを地域に向けて提案するイベントです。2008年、浜頓別プロジェクトの一環としてクッチャロ湖で開催したサミットが好評となり、毎年開催地を変えながら、日本全国のラムサール湿地を巡るイベントに発展。様々な地域で開催されました。 CUBE GROUPは環境系有識者と協力し、NPO法人日本エコロジスト支援協会を設立。理事・事務局としてこのプロジェクトの総合プロデュースにあたり、企画立案やプロジェクト推進の中核として、 学生たちの活動を指導・牽引・支援してきました。  

CASE~学生環境サミット~twitter

命をつなぐPROJECT

行政・企業・地域住民・NPOが連携し、工場の緑地を生態系の拠点に。

2011年度「新しい公共支援モデル事業」に日本エコロジスト支援協会が提案し、愛知県が採択し実現した「知多半島臨海部の企業緑地における生態系ネットワーク形成担い手時育成事業」の継続事業。知多半島臨海部の工業地帯につくられた緩衝緑地帯を地域生態系の重要拠点と捉え、生物多様性の向上や地域住民への環境意識啓発のために企業や行政、学生、地域住民が所属や立場を乗り越えて様々な活動に取り組む、産官学民連携プロジェクトです。 CUBE GROUPは日本エコロジスト支援協会の一員としてプロジェクトをプロデュースするとともに、事務局機能も担い、活動の推進と発展に貢献し続けています。

命をつなぐPROJECTホームページ